こんにちは!SAKELIFEインターンのけんちゃんです!

 

先日、SAKELIFE出張イベント「SAKELIFE in京都」を開催させていただきました!

今回はその京都でのイベントのレポートをお送りいたします♪

 

今回の会場!

今回は、京都工芸繊維大学の京町家連携キャンパス「ににぎ」をお借りしてイベントを行いました!

大学のキャンパスといえども町屋をまるまる一軒借り切って利用しているらしく、上の写真のような風情あふれる京都らしい会場でイベントを行うことができました。

 

会場の内装

中に入ると藺草のいい香りがする、趣のある和室がありました。(もはやここに住みたい!!!w)

 

こんなオシャレな照明もかかっていました。学校のキャンパスとは思えないクオリティですね。

 

イベント開始!

 

今回は京都工芸繊維大学の澤田美恵子先生をお招きして、SAKELIFE代表の生駒と「これからの京都の文化の広げ方」というテーマで対談を行いました。

僕は特にお二方のお話の中で、

「”歴史があるから”という理由だけで『伝統文化』といわれるものが、絶滅危惧種の動物ようにこぞって保護をされる必要はないのではないか。何百年も前から今まで残っている技術やモノは、それぞれの時代において多くの人々に使われるからこそ残ってきた。今危機に瀕しているのは、現代の生活の中ではあまり使われなくなった技術なのであって、外側の人たちがただ保全という名目のためにそれらを守るのではなく、技術を持つ工芸人たち自身が“時代に求められる技術”を築いていかなければ今後残るわけはないし、ましてや文化を広げることなんてできない。」

というお話を非常に興味深く感じました。

僕たちSAKELIFEが携わっている”日本酒”も数ある日本文化のひとつです。しかし、最近は日本酒を飲む人が少なくなっているといわれ、経営を続けていくことが厳しい酒蔵も増えています。

そのような状況に対して、様々な取り組みをしている日本酒業界の方はたくさんいます。例えば、若い人たちに向けた飲みやすい日本酒の開発でしたり、イタリアンやフレンチなどに日本酒を合わせて飲むレストランなども増えています。しかし、それと同時に「そんなのは日本酒じゃない」「そんなやり方はこれまでの伝統に反している」という意見もよく耳にします。

もちろん、前者・後者どちらの意見も間違いだとは思いません。(どちらも日本酒が好きだからこその意見だと思いますし。)しかし、今回の対談でのお話のように、ただ歴史を守るためだけに現状に固執していては日本酒も澤田先生の言う「時代に求められないモノ」になりかねないと思います。

僕も今後SAKELIFEの一員として、定期購入サービスや様々な日本酒関連のイベントを通して新たな日本酒の楽しみ方や、日本酒の「時代に求められる形」を様々な角度から探って、それを多くの人達に向けて発信していきたいと思わされた対談でした!

 

SAKELIFE代表講演会!

学生からの質問に答えるSAKELIFE生駒

 

対談後の第二部では、SAKELIFE生駒が「起業家として学生に伝えたいこと」というテーマで、起業に興味がある学生や日本酒が好きな学生との質疑応答をおこないました。

中でも印象的だったやりとりをご紹介いたします。

 

質問者:『漠然と将来起業をしてみたいと考えているのですが、大きな志や成し遂げたい野望があるわけではありません。正直今は少し二の足を踏んでいる状況です。生駒さんはどのような志をもって起業されたのですか?』

生駒:『僕は、「社会を変革したい!」とか「世界を変えたい!」といった大きな志を持って起業したわけではありません。自分がより自分らしく生きるために、どんな生き方が望ましいか、その選択の延長線上に”起業”という選択肢があったにすぎません。もちろん、SAKELIFEという事業を動かしていくうえで、日本、そして世界へ日本酒を広げて行きたいという志はあります。しかし、僕は”起業”も”サラリーマン”も単なる働き方の違いだと考えています。ですので、それぞれの人が自分たちの生活を少しでもよりよくする中で、その延長線上に”起業”というものがあれば、それを選択すればいいのじゃないでしょうか。』

 

以上になります。自分の将来を考えるうえで、このような悩みを持つ学生は多いのではないでしょうか?僕自身も就職活動をする際に迷走に迷走を重ねた一人でもあります(笑)確かに学生のうちは、自分の周囲にいる同年代のハイスペック野郎を見て心底焦ったり、「自分の志ってなんだ?世界平和?」とか無駄に考えてしまうと思います。僕は今回のこの生駒の話を聞いて、自分の将来を考えるうえで少し気が楽になったので、今回の話が少しでもそのような悩める学生の参考になればと思い紹介させていただきました。

 

日本酒試飲会!

 

イベントの最後は、参加者全員でお待ちかねの日本酒試飲会!!

今回は、甘口の日本酒『ひめぜん』と熊本の『香露』を飲んでいただきました。

今回は試飲会ということで一升瓶二本をご用意したのですが、二本ともすぐ空になってしまうほど大好評でした♪

 

お越しくださった皆さん、ありがとうございました!

「SAKELIFEin京都」にお越しくださった皆さん、本当にありがとうございました!(なんだかサマーウォーズのワンシーンみたいな集合写真ですねw)

遠方でのイベントだったので、最初はどうなることか少し心配でしたが多くの方にお越しいただき、大盛況でイベントを終えることができました!

また機会があれば京都でイベントをやろうと思うので、その際は是非よろしくお願いいたします(^^)

 

 

今回のイベントレポートは以上となります!

ではでは、今後とも日本酒定期購入サービスSAKELIFEをよろしくお願いいたします!

このエントリーをはてなブックマークに追加