こんにちは!

SAKELIFEインターンのけんちゃんです!

最近は暑さも少し落ち着いて、ほんのり秋の気配を感じる季節になってきましたね。

 


(c) .foto project

 

秋と言えば、秋刀魚の塩焼き、松茸、栗ごはん…

やっぱり美味しい食べ物の多い季節です…!(よだれ)

そして、美味しい食べ物に欠かせないのは旨い日本酒ですよね♪

 

というわけで今回は、”秋の季節酒”とも言われる「ひやおろし」の試飲会に潜入してきました!!

このひやおろし試飲会は、SAKELIFEを始め多くの酒販店がお世話になっている”日本名門酒会”さんの主催で、毎年開催されています。

…とはいっても、日本酒にあまり馴染みのない人は「ひやおろし」ってなんのこっちゃ??という方も多いと思います。

(実をいえば、僕も全く知らなかったというのはここだけの秘密の話、、、壁]彡サッ )

 

ですのでまずは簡単に、”ひやおろしとはなにか?”をご説明致します!

 

〈ひやおろしとは?〉 

普通日本酒は、絞った後と瓶詰めした後に2回加熱して殺菌を行います。この事を”火入れ”と言います。しかし、ひやおろしの場合は春に絞った日本酒を一度だけ火入れして、そのまま秋までひんやりした蔵で熟成させます。その程よく熟成したお酒を2回目の火入れを行わずに、瓶に生詰めしたものが、”ひやおろし”と呼ばれる日本酒になるんです。

しぼりたての時にはフレッシュですこし角のある味わいの新酒が、熟成されることでまろやかでふくらみのある味わいになります。

また、”ひやおろし”という名前の由来は

その昔、秋の訪れと共に、春から熟成させたお酒に火入れをせずに「冷や」のまま貯蔵用の大桶から出荷用の木樽へと移(おろ)したことから「冷移(ひやおろし)」と呼ぶようになったそうです。(※諸説あるらしいので、ご参考までに。)

以上のような理由で、“秋のお酒と言えばひやおろし”と言われるんです♪

(ちなみに、SAKELIFEの公式Twitterアカウント @SAKELIFE_INFO でも、このような日本酒豆知識やお酒に合う簡単おつまみレシピをご紹介していますので、是非フォローして下さいね(人´∀`)!)

 

〈ひやおろし試飲会!〉 

丁度、秋に入りがけの今頃の時期から、それぞれの酒蔵からひやおろしの出荷が始まります。

そこで、お酒の卸業者や小売店、飲食店などの人達に対して今年はこんんなひやおろしができましたよ!という報告をするために試飲会が行われるんですね。(しかもこれ、無料なんです!)

 

まず会場に到着すると、このような小さいカップが渡されます。

会場の周りには、100種以上の日本酒がおいてあるので各自がカップに好きなだけ注いで飲んで味見をします。

>見ただけでよだれがでますね…笑

とはいえ、いくら日本酒好きな人といえどもこれを何十回も繰り返していたらべろんべろんに酔っぱらって味がわからなくなってしまいます(;´Д`)

なので、会場にはこのような吐器(はき)と呼ばれるバケツのような物が置かれていて、口に含んだ日本酒を吐き出す事ができるようになっています。

>置いてある日本酒があまりに美味しすぎて、僕は片っ端から飲んでいたので真っ昼間っからべろんべろんになってしまいました…笑

そして飲んだお酒の評価は、このような紙に記入してまわります。

表には、「度数」「日本酒度」「酸度」などが記載されていてその数値も参考にしながら各自コメントを記入していきます。

(案の定、後半は酔っぱらってわけがわからなくなっていましたが笑)

ブースによっては、蔵人の方がその蔵の日本酒を直接説明して下さって、本当に勉強になりました!

>とても多くの業者の方が参加されていました!

この日参加したSAKELIFEメンバーはみんなべろんべろんになっていたのですが、ちゃんと美味しいひやおろしはチェックしてきました、安心して下さい( ̄ー+ ̄)bキラリ笑

 

ということで、今回の試飲会で見つけた美味しいお酒を、SAKELIFEの会員の皆様にも早速楽しんでもらいたいと思います!順次配送していきますので、到着楽しみにしていてくださいね♪

 

【次回予告】

次回のSAKELIFEブログでは、この日見つけた美味しいひやおろしをいくつかご紹介しようと思います!

乞うご期待( ´∀`)b !!

 

以上、試飲会レポートでした!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加