こんにちは!
日本酒の定期購入サービス、SAKELIFEの生駒です。

前編では、

・投稿前にプロジェクトの認知を高めることが大切
・投稿して終わりではなく、した後の方がやることは多い
・リターンは実利のあるものにした方が良い

といったことを説明しました。

では、CAMPFIREへの投稿、サクセスを経験して、
僕の感じたメリットは何でしょうか。

1)投稿を通じて感じたメリット

<仮説の検証が出来る>

PR効果がある、お金が集まる。
これは既に多くの方が認知されてると思いますので
今回は割愛します。

僕が一番の収穫だと思ったことは、
「仮説の検証が出来る」ことです。

大前提として、
仮想市場であるCAMPFIREの利用者層と、
実際の市場は量的・質的に必ずしも合致するわけではありません。

そのため、それぞれのプロジェクトで検討は必要ですが、
少なくともCAMPFIREで成功すれば、
人の注目を集め、支援金を集めるに足る内容ではあることが証明されます。

SAKELIFEでは、
消費の落ち込んでいる日本酒でも
情報提供を含む丁寧なフォローのあるサービスであれば
まだまだ需要はあるのではないか?

若年層は日本酒を呑まないと言われているが、
知らないだけで、美味しい日本酒が存在するのなら呑みたいのではないか?

という仮説を立てた上でサービス設計を行っています。

これは事前のマーケティングによって
ある程度は自信を持って立てた仮説ではありますが、
実際のリアクションを見たわけではありません。

投稿後の皆様からの支援の集まりによって、
SAKELIFEは事業の妥当性をある程度は確認出来たわけです。

市場のリアクションを見ずに飛び込むより、
一度反応が見れることはことビジネスであるSAKELIFEにとっては
大きなメリットの一つでした。

 

<リリース前にお客様の生の声が聴ける>

サービスに対する意見や疑問は、
一般的にはリリースしないと聴くことは出来ません。

お客様の声は、
サービスを作るうえで最も大切なものの一つです。
CAMPFIREであればこれをリリース前に聴くことが出来ます。
どういったサービスにするかをプロジェクトページに書きますからね。

SAKELIFEの場合、値段に対するご意見、
事業展開に関するご意見を多く頂くことが出来ました。
リリースしてからの調整はやや動きが遅くなりますが、
前であれば対応は比較的簡単です。

リアクションを収集し、分析することで、
サービスがリリースした時には「お客様の声を反映させている状態」なわけです。
これは本当に貴重なことです。

 

2)今後投稿する方へのアドバイス

<最大限の努力を>

僕はプロジェクトを投稿した以上、
そのオーナーはサクセスするために最大限努力するべきだと思います。

当たり前の事を言っていますが、
活動報告が全くなかったり、
ページのコメントにもレスをしない方がいるのも事実です。

投稿した自分自身のためでもありますが、
「成功を願って支援してくれているパトロン」のためでもあります。

実現して欲しいサービス、
商品化したら買いたい商品、
パトロンはそのプロジェクトとリターンに魅力を感じて
支援をしてくれています。

もしそのプロジェクトが失敗した場合、
支援してくれたパトロンはそのリターンを手に入れることが出来ません。
それはとても残念なことです。

前編でも言ったように、
プロジェクトオーナーの努力はサクセスに大きく貢献することが出来ます。
なので投稿した際は、是非試行錯誤してください。

<具体的に何をすれば良いのか?>

CAMPFIREでしか、支援を募れない場合を除いて、
目標金額はあまり高い設定にしない方が賢明だと思います。
(これは様々な意見があると思います)

CAMPFIREはAll or Nothingですから、
100万目標で99万円集まっても、到達しなければ支援を受け取ることは出来ません。
前述した、パトロンのためにも、目標金額は現実的に集まる設定が良いでしょう。

初期目標が低いと、達成後に伸びづらいと言いますが、
SAKELIFEは目標到達後、四倍ほどまで支援が伸びたので
必ずしもそうだとは言えません。

元々の目的が「目標金額の支援を必ず受けたい!」なら、
たとえ高い金額でも、設定する価値はありますが、
それが第一の優先順位でなければ、
まずは成功出来る金額に設定してはいかがでしょうか。

ギリギリまでいったけど失敗してしまったプロジェクトより、
どんな額であれ、成功したプロジェクトとしての認知を持たれる方が、
今後の活動に好影響でしょう。

3)最後に

今回のブログでのアドバイスや意見は
必ずしも全てのプロジェクトで活きるものかはわかりません。

物販ビジネスであること、
リターンに「モノ」を用意出来たこと、
SAKELIFEにしか出来ないことも多くあります。
(それがあるからこそ自信を持って投稿をしたとも言えますね)

ただ、投稿するうえでの姿勢や心構えは、
全てのプロジェクトオーナーに通じる大切なことだと思っています。

是非、投稿を検討される方は
この記事を参考に、プロジェクトを進めてみてください。

CAMPFIREは素晴らしいサービスです。
その投稿で得られるものは多く、大きなリスクはありません。

成功、失敗に関わらず、
自分のプロジェクトへの反応をリアルタイムで確認でき、
その中で出会うパトロンの方とは長いお付き合いが出来ます。

それは、多くのパトロンが
そのプロジェクトの「心意気・展望」を評価してくれているからです。

仲間でこそありませんが、
そのプロセスを共有出来るお客様とは
そうそう出会えるものではありません。

SAKELIFEはプロジェクト終了から四か月経ちますが、
定期的にパトロンパーティを開催し、
サービスに対してのご意見、ご要望を話し合う場を設けており、
それはとても活発な場になっています。

僕らは出来ることなら、
一生のお付き合いをしていきたいと、
心から願っています。
(もちろん一般のお客様も!)

是非、多くの方にもこの体験をしてもらいたいと思います。

そして、どうかプロジェクトを投稿する際には
周りの経験者に相談をしてください。

現在co-baが外部キュレーターとして活動していますが、
他のプロジェクト経験者の方も協力してくれると思います。

事前に相談をするだけで、
プロジェクトサクセスにはグッと近づくと思います。
もちろん、僕でも良ければ出来ることはしたいと思います。

以上、長くなりましたが
二回に渡って読んで頂きありがとうございました。
SAKELIFEがどういった考えでCAMPFIREに投稿したかは
十分に伝わったかなと思います。

改めて、この場を借りて
CAMPFIREの皆様、
支援頂いたパトロンの皆様、
情報拡散に協力頂いた皆様にお礼申し上げます。

これからもCAMPFIREを始めとしたクラウドファンディングの発展、
そしてそこから多くの魅力的なプロジェクトが生まれることを願っています。

そして、
世界一イケてる日本酒の定期購入サービス、
SAKELIFEも、
どうぞ末永く、よろしくお願いいたします。

生駒龍史
@ryuji_ikoma
(↑ツイッターもやってます)

このエントリーをはてなブックマークに追加